レザークラフト

レザークラフトでレザーティッシュボックスカバー改を自作しよう!(型紙公開)

前回製作した、レザーティッシュボックスカバー。

レザーティッシュボックスカバーの製作工程
レザークラフトでレザーティッシュボックスカバーを自作しよう!ティッシュの箱ってなんであんなにカラフルでゴテゴテとしたデザインなんだろう? 特にス○ッティのデカデカとたくさんの花がプリントされ...

今回は若干修正を加えた改良版を製作します!

ただあんな落とし穴があるなんて、この時はまだ思っても見なかったんだ…。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作開始!

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

今回の革はアリゾナのリスシオを使います。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

型紙からパーツを切り出しました。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

床面にトコノールを塗布して床処理をします。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

へり落としで面取りします。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

ハトメ抜きでカシメを打つ穴を空けます。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

圧着ローラーで革に折り目を付けます。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

トコノールでコバを磨きます。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

小カシメを打ち込みます。

 

レザーティッシュボックスカバー改完成!

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

完成しました!

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

中面はこんな感じ。たまたまタンナーのスタンプ?が押されています。

早速ティッシュボックスに被せてみよう…あれっ?

…サイズがピッタリすぎて入らない…汗。

前回の試作で使った革の厚さは1.5mm。そして今回使った革の厚さは2mm。

どうやらこのたった0.5mmの違いで仕上がりが大きく変わってしまったようですね。あとは革の硬さの違いもあるかも。

めっちゃショック!!!

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

それでもなんとか無理やりねじ込みました。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

まぁなんとかギリギリ使えそうです。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

ちなみに、くり抜いたティッシュの取り出し口のパーツは、バネホックを打ち付けてコードクリップにしました。

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

うん!いい感じ!

 

レザーティッシュボックスカバー改の製作工程

この少し長さが足りなかった部分を改良したはずなのに、結局前回より短くなっちゃいました…泣

 

レザーティッシュボックスカバーの型紙公開

せっかく作ったので一応型紙を公開します。プリンターでA3原寸サイズで出力して使ってください。

ティッシュボックスカバー改の型紙

⇒レザーティッシュボックスカバー改の型紙(PDF)をダウンロードする

今回は厚さ2mmの革を使ったことで若干失敗してしまったけど、厚さ1.5mmぐらいまでならきっと大丈夫なはずです。

 

最後に

今回は改めて型紙制作の難しさが身にしみてわかりましたね。

もしかしたら、僕が今まで公開してきた型紙を使ったものの、革の種類や厚さによって失敗してしまった人なんかもいるかもしれない。そうだったら申し訳ないなぁ。

今後は使用する革の厚みも表記していこうと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA