レザークラフト

レザークラフト用にブラッドウッドの打ち台を導入しました。

自宅でレザークラフトをするとどうしても出てくるのが穴空けの際の音と振動による騒音問題ですよね。

この問題のせいでマンションに住んでいる方なんかは、自宅でのレザークラフトを諦めてしまう人もいます。

今回はその騒音対策として効果抜群と言われている木片の打ち台を導入してみました!

レザークラフト用ブラッドウッドの打ち台

今回はその経緯と実際に使ってみた感想を紹介します。

 

導入前(飛び石+フェルトマット)

レザークラフト用ブラッドウッドの打ち台

ちなみに導入前は御影石の飛び石を打ち台として使用していました。ホームセンターの園芸売り場で300円で購入したものです。

本当はこの下に同じくホームセンターで購入したフェルトマットを数枚重ねて使用しています。

 

レザークラフト用ブラッドウッドの打ち台

これだと音はまぁまぁ軽減されますが、どうしても振動は発生します。

 

重たい木の板がいいらしい

大阪の老舗レザークラフトショップ、フェニックスさんが紹介されている記事をご覧ください。

動画で見よう!音と振動対策:ケヤキの塊を足の上に

レザークラフトの音と振動対策として、足の上にケヤキの塊を置くという記事です。

目がしっかりと詰まっていてとても硬いケヤキの塊は打ち台に最適なんだとか。

「これは素晴らしい!取り入れよう!」と同じような木の塊を探し始めるのですが、これがなかなか見つかりません。

どうにか切り株を手に入れられないだろうか?はたまたヤフオクで将棋盤や囲碁盤を買って足を取り外して使おうか?と色々模索していると、いつの間にかフェニックスさんから木の塊が販売されているではありませんか!

ブラッドウッド(打ち台)

税抜き5,400円少し高いと思ったけど、色々と模索する時間ももったいないし、老舗レザークラフトショップが販売しているんだから間違いない!

早速購入し、作業に導入してみました。

 

ブラッドウッドの打ち台

レザークラフト用ブラッドウッドの打ち台

記事で紹介されていたのはケヤキですが、販売されているのはブラッドウッドの木になります。

ブラッドウッドは線路の枕木なんかにも使われるほど耐久性のある硬い木なんだとか。実際触ってみてもかなり硬いです。

 

レザークラフト用ブラッドウッドの打ち台

大きさは9.5cm×19cm×27cm前後。比較として握り寿司(中トロ)を置いてみたので参考にしてみてください。(まな板みたい)

重さは約5.4kg。めちゃくちゃ重いです。落としたら床に穴あきますね…。

 

このように太ももの上に打ち台を置いて作業します。

厚いブラッドウッドと太ももが音と振動を吸収してくれるので、結構軽減されました!

また土台が固くしっかりしているので打ち具を打ち込んだ際の力が伝わりやすく、作業の効率も上がったと思います。

これは良いね!

 

レザークラフト用ブラッドウッドの打ち台

木槌をゴムハンマーに替えるとさらに音を抑えることが出来ます!

これならマンションでの作業も許容範囲なんじゃないでしょうか。

 

最後に

自宅でのレザークラフトの騒音問題に悩んでいる方は、ぜひこのブラッドウッドの打ち台を導入してみてはいかがでしょうか。オススメです!

ブラッドウッド(打ち台)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA