レザークラフトでレザーパスポートケースを作った

今回、妹からパスポートケース作成の依頼が来たので作ります。

いろいろと試行錯誤しつつ完成したのがこちらの型紙です。

右ポケットにパスポートの裏表紙を差し込んで使うタイプです。左ポケットには航空券やらeチケット控え、カード類、お札等いろいろ収納可能です。

レザーは半裁で買ったいつものキャメルの革を使います。

 

製作開始

型紙に通りに各パーツを切り出します。

 

今のままだと革が厚いので、床面を別たちでひさすら漉いていきます。

今回の製作にかかった時間の大部分はこの漉きの作業です。しかも厚さも均一ではなくなるわ汚くなるわで大変でした。

これなら薄い革を新たに買い足したほうが良かったかも。

 

トコノールを塗りガラス板で床磨きをします。

 

この段階で帯とポケットの縁の部分のコバを磨いておきます。

 

帯にバネホックのバネを取り付けます。一回失敗してしまったのでペンチで外して2回目で無事成功。

 

本体の方にもバネホックのダボを取り付けました。

 

本体に銀面に帯を縫い付けます。まずは3mmピッチの菱目打ちで縫い穴を空けます。

 

取り付け完了。

 

本体の床面の両サイドに、両面テープを使ってポケットを貼り合わせます。

 

3mmピッチの菱目打ちで縫い穴を空けていきます。

 

ひたすら手縫いしていきます。

 

ぐるっと一周縫い終わりました。

 

革が重なった部分のコバに段差ができてしまってるので、

 

ドレッサーで削って綺麗に整えます。

 

コバに水→トコノールを塗って磨きます。

 

完成!

シンプルで可愛い感じに仕上がりました。女子が使うにはピッタリ!

 

頑張って漉いたおかげで、厚さも許容範囲かな。

 

表面

 

中面。

 

実際にパスポートを収納してみます。収まりもいい感じ。

 

自分用のも欲しくなったので、そんなに使う機会はないけど作ってみようかな!

 

Sponsords Link



コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA