ボクセルアート

MagicaVoxelで作るボクセルアート『流氷の妖精クリオネ』

今回は『MagicaVoxel』を使って、流氷の妖精クリオネのボクセルアートを作っていきます。

モデリング

MagicaVoxel

はい、サクッと完成。

羽の上下の違いで2バージョン作りました。なんかただのコウモリみたいですが、レンダリングで体を透明にするので大丈夫なのです。

 

MagicaVoxel

複数のパーツを配置するときはワールドエディタという機能が便利みたいですが、まだよくわかってないので、地道にコピペして数を増やしていきます。

 

『流氷の妖精クリオネ』完成!

voxelart

めちゃキュートなクリオネの完成です!

水色の体にガラスのマテリアルで透明にし、赤い内臓部分は少し発光させています。

 

voxelart

内蔵がハートみたいでキャワワ!

 

voxelart

もう少し体の色が薄くてもよかったかなぁ。

 

voxelart

今は画面全体にピントが合っている状態ですが、一部分だけピントを合わせたいモデリングをクリックすると、

 

voxelart

こんな感じで回りがいい具合にボケます。

とても小さなクリオネをマクロレンズで撮影しているような雰囲気になりました。

 

voxelart

voxelart

まさに流氷の妖精!

ただ学名は、ハダカカメガイというクソダサさ。

 

voxelart

深海バージョン。

 

ここまで作ってなんですが、今回はちょっと失敗たっだかも…

まずはこちらの写真をご覧ください。

クリオネ

2015年の北海道ツーリングで訪れた『オホーツク流氷館』で撮影したクリオネです。

ST250で行く、北海道ツーリング2015 その2 網走編 くぅ〜、朝から挽きたて淹れたてのコーヒーを味わう喜び。贅沢で優雅な時間ですわ〜……。 ふぅ…………ん?星の撮影…? ...

そう!クリオネってもっと360度縦横無尽に泳いでいるのです!今回の作品はあまりに規則的すぎた。そこはもっとこだわりたい!

というわけで次回クリオネ再登場。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。