レザークラフト

レザークラフトでレザーキーケースを自作しよう!

2020年最初のレザークラフトは、妹からの依頼でカードを入れれるレザーキーケースを製作します!

依頼されたのはたしか2年前ぐらいだっけ(笑)

 

レザーキーケースの製作工程

革はアリゾナ リスシオを使います。型紙は自作のオリジナルです。

 

レザーキーケース製作開始!

レザーキーケースの製作工程

目打ちでケガキ線と縫い穴の印をつけます。

今回は縫い穴の位置や数をしっかりと調整してみました。今までで一番クオリティの高い型紙です。

 

レザーキーケースの製作工程

パーツを切り出す前にトコノールで床処理をしておきましょう。

 

レザーキーケースの製作工程

パーツを切り出しました。

カード入れの口の部分など縫い合わせた後だと処理しにくい部分を、ヘリ落としで面取りしたりコバを磨いておきます。

 

レザーキーケースの製作工程

バネホックのオスを打ち付けます。

 

レザーキーケースの製作工程

ボンドを塗布する部分をヤスリで荒らして、

 

レザーキーケースの製作工程

パーツを貼り合わせます。

 

レザーキーケースの製作工程

縫い穴の印はすでに付いてるけど、一応ディバイダーでガイドラインを引いておきましょう。(ちょっとずれてる…汗)

 

レザーキーケースの製作工程

4mmピッチの菱目打ちで縫い穴を空けます。

 

レザーキーケースの製作工程

センターのパーツにキーケース用金具を取り付ける穴を空けて、上部だけボンドで接着します。

 

レザーキーケースの製作工程

センターのパーツの縫い穴を菱目打ちで貫通させ、ベージュ色のビニモの1番手の糸で縫います。

 

レザーキーケースの製作工程

キーケース用金具を打ち付けます。

 

レザーキーケースの製作工程

センターのパーツの下部も接着、縫い穴を貫通させて引き続き手縫いしていきます。

 

レザーキーケースの製作工程

グルっと一周縫い終わりました。

 

レザーキーケースの製作工程

新たに導入した新アイテム、コーナー抜き(1cm)を使って、角を落とします。

これも慣れが必要なアイテムですが、なんとかキレイに角を落とせました。

今まではカッターでカットしていたけど、毎回微妙に歪んで汚かったんですよね。これは本当に便利!

色んなサイズがあるみたいだけど、小物製作用ならこの1cmのが一本あればいいかな。

 

レザーキーケースの製作工程

蓋の部分にバネホックを打ち付ける穴を空けます。

 

レザーキーケースの製作工程

バネホックのメスを打ち付けます。

 

レザーキーケースの製作工程

ヘリ落としで全体を面取りします。

 

レザーキーケースの製作工程

粗さの異なる3種のヤスリでコバを整え、トコノールを塗布してコバを磨けば、

 

レザーキーケース完成!

レザーキーケースの製作工程

出来たー!!!

製作時間は5時間程。

 

レザーキーケースの製作工程

今回は自分が使うのではなく贈り物なので、丁寧さを心がけて製作しました。

その甲斐あって今までで一番いい出来なんじゃないかな!

 

レザーキーケースの製作工程

鍵を4つ付けることが出来ます。

 

レザーキーケースの製作工程

手に持ったサイズ感はこんな感じ。

 

レザーキーケースの製作工程

サイドはこんな感じ。

 

レザーキーケースの製作工程

カード入れにカードを入れてみました。

 

レザーキーケースの製作工程

センターに挟むことも出来ます。

 

最後に

レザーキーケースの製作工程

完璧とも思える仕上がりだけど実は少し不具合が…。

実際にポケットにカードを入れたり鍵が付けると、厚みが出てキツキツのパンパンになってしまいます。これはかなり使いにくい…。

事前に試作品を作ってみて大丈夫そうだったけど、その時は少し薄めの革を使ったからなぁ…。ポケットのパーツだけでも薄く漉いとけば問題なかったのかも。

ともかく今回は失敗作と言わざるを得ない。よって型紙も公開出来ないねこりゃ…。

とりあえず妹にはこれを渡してみよう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA