レザークラフト

レザークラフトでガス缶(OD缶)用レザーカバーを作った(型紙公開)

今回はバイクでのキャンツーや登山等のアウトドアで活躍するガス缶用のレザーカバーを製作したいと思います。

僕が普段よく使ってるのはイワタニ・プリムスのアウトドア缶、通称『OD缶』の小(250)サイズです。

実際にこちらを採寸して型紙を作りました。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程 上部パーツと胴回りパーツは穴の数を正確に合わせる必要があるので、型紙の段階で縫い穴の位置を決めます。

胴回りパーツの上部に5mmピッチで縫い穴を空けると穴の数は66個。上部パーツも5mmピッチで66個の穴を空ける必要がありますが、計算上5.454545…mmピッチになってしまいます。まぁこれぐらいなら許容範囲ですかね。

もう一つの問題点。縫い穴は端から4mmの場所ですが、胴回りパーツの縦の部分を合わせる箇所だけ、8mm(4mm+4mm)になってしまいます。

ずっと5mm間隔なのにこの部分だけ8mmになってしまいますが、もう面倒なのであれこれ考えるのはやめて試作品のつもりで製作開始してみます。

 

ガス缶(OD缶)用レザーカバーの製作開始!

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

型紙から革のパーツを切り出します。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

このように型紙越しに目打ちで革に跡を付けています。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

目打ちの跡に沿って菱目打ちで縫い穴を明けます。

上部パーツは2本菱目打ち(5mmピッチ)を使います。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

縫い穴が空きました。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

実物のOD缶に胴回りパーツを巻き付け、ロウ引き麻糸で縫っていきます。

縫い方はベースボール縫い等様々な技法がありますが、今回は初めてクロスステッチという技法に挑戦してみました。

縫い方はこちらのYouTubeの動画をが大変参考になりました。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

少しおかしい部分もあるけど初めてにしてはいい感じ。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

続いて上部パーツもクロスステッチで縫い合わせていきます。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

グルっと一周して完成!

 

ガス缶(OD缶)用レザーカバー完成!

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

穴の位置が合うか心配でしたがなんとか上手くいきました。

革の断面は着色とかした方が良かったかもしれませんね。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

真上から。クロスステッチがいいアクセントになってます。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

取り外した様子。

 

ガス缶(OB缶)用レザーカバーの製作工程

バーナーを取り付けてみました。これガスランタンとか付けてもすごくオシャレになりそう!

このランタンとかいい感じ。欲しい…

 

ガス缶(OD缶)用レザーカバーの型紙公開

A4原寸でプリントアウトして使って下さい。

⇒ガス缶(OD缶)用レザーカバーの型紙(PDF)

あくまで初心者が作った物で完璧な型紙ではありません。ご注意下さい。

 

最後に

試作品のつもりで作り始めましたが、フィット感も抜群で全然満足の行く仕上がりとなりました。

次の登山で早速使ってみます!楽しみ!

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA