GIOS MIGNON ミグノン 2018年モデル購入

自転車再び始めます

以前から宣言していたとおり、この度自転車を購入しました。GIOS(ジオス)のミニベロ、MIGNON(ミグノン)の2018年モデルです!

大阪で自転車が激安で買えることで有名なサイクルショップカンザキ エバーレ店にて、定価64,584円のところセール価格の48,438円で購入!

GIOS MIGNON

色はご覧の通り爽やかななジオスブルー、サイズは510になります。クロモリフレームでホイールは20インチです。

本来こういったロゴがゴテゴテしすぎているのは趣味ではないんですが、たまにはこういうのもいいかなぁと。

スタイリッシュで格好いいですねぇ〜。

 

ハンドル周り。

 

チェーンホイール。

 

ギアは8段変速です。

 

桜見帰宅ポタリング

自宅から電車と徒歩で1時間程かけて淡路まで買いに来ましたが、帰りは輪行袋の用意をしていないのでそのまま自転車を運転して帰ります。

約9年ぶりに自転車で走る淀川沿い。気持ちいいですね〜。

 

新緑に映えるジオスブルー!存在感抜群です。

 

そのまま大阪城方面へ南下します。

 

大阪の桜の名所として有名な毛馬桜之宮公園を通ります。当時はよくここも自転車で走りました。

てか花見客があまりにも多すぎてまともに走れません。まさかここまで凄いとは…。

 

桜とミグノン。合うねぇ〜。

 

ここを過ぎると大阪城公園ですが、そちらも想像以上の人でごった返していたので撮影出来ず早々にすり抜けました。

その後は以前職場の事務所があった辺りを通り、当時通っていたごはん屋さんや公園の前を懐かしい気持ちで走り、約25kmの距離を2時間程掛けて帰路につきました。

 

最後に

新しい相棒のミグノン。コンパクトで取り回しがよく、スピードも街乗りでは充分ですね。スイスイ走れます。

ただタイヤが小さく細いので、ちょっとした段差でも結構衝撃がダイレクトに来るし何度か滑ってしまうことも。あと僕自身がバイクに慣れてしまっていてついミラーを確認してしまったりと今後慣れが必要ですね。

そして重大な問題点が一つ。スポーツタイプの細くて硬めのサドルは初めてだったんですが、とにかく尻が痛い!翌日になってもまだ痛い!

帰り道の後半なんてもう地獄で、初日から自転車が嫌いになってしまうところでした。

調べてみるとこういったサドルで同じように苦しんでいる人も多く、ポジショニングの改善やクッション性の高いサドルに交換するなどの対策が有効なんだそうです。

もともとサドルは白色に変えるつもりだったので、クッション性の高い白いサドルを探してみたいと思います。

これからよろしくな!ミグノン!

Sponsords Link



コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA