色落ちレポート Levi’s RedTab ORIGINAL 606-0003 10年経過

色落ちレポート Levi’s RedTab ORIGINAL 606-0003 10年経過

実質初めて一から育てたジーンズ

今回は購入してから10年が経過した、リーバイス RedTab ORIGINAL 606-0003 オリジナルスリム リジッドリンスの色落ちレポートをお送りします。

ちょっとしか写ってないけど、こちらが購入当時の写真です。

 

こちらは履き込みから約2年ごろ。

思い返せばこのジーンズが初めて「濃い色のジーンズを一から履き込んで、淡い色に色落ちするまで育てよう」と明確な意思を持って買ったジーンズです。

たしか10年前、2008年の年始にジーンズメイトで購入しました。リジッドから洗いをかけて糊を落としたリジッドリンスの状態で、色は濃いインディゴブルーでした。

606はタイトフィットテーパードですごく細身なんですが、普段は30〜31inchのところを少し大きめの33inchで履いていました。程よい細さ加減がお気に入りでヘビロテしてましたね。

購入から10年経過といっても、2011年にからドゥニームやフルカウントといった国産レプリカジーンズを履くようになったので、実質履き込んだのは去年一年間を合わせて計4年ほどになります。

当時は“ジーンズは洗ってはいけない”という少し間違った知識を持っていたので、最初の洗濯まで2年ぐらいは洗ってなかったかも…頻度も少なかったです。(不潔!)

ちなみに最初に洗濯した時は履いたままお風呂に入ったりと、なんかぽいっ事してました。

 

色落ちレポート

履き込み期間:2008年1月〜2018年3月(実質は4年ぐらい)
洗濯頻度:?

全体的に綺麗に色落ちしてるんじゃないでしょうか。爽やかで清々しいブルーですね。

 

ヒゲもちゃんと出てますね。

 

太もももうっすら薄くなってます。本当にいい色味になったなぁ。

 

うっすらガラケーを入れていたアタリが。

 

膝の色落ちは顕著に出てますね。

 

裾は少し眺めに履いていたので、クッションのアタリも付いていますね。

 

うっすら錆びついたボタン。味わい深いですね。

 

バックを見ていきましょう。

 

ベルトループの色落ち。

 

右ポケットには財布のアタリが。ステッチのほつれは全くありません。しっかりとした縫製ですね。

 

膝裏のハチノス。すごくいい感じ。

 

裾の背面には結構ダメージが付いてます。

 

最後に

購入したての頃の写真と見比べてみると、本当にいい感じに色落ちしてくれましたね。履き込んだかいがありました。

もう履かないだろうと年末の大掃除の時にゴミ袋に投入しては「…やっぱりもったいないなぁ。」と、2、3度その窮地を脱出してきたジーンズ。これからもあまり履く機会はないかもしれませんが、たまにはこうして眺めながら思い出に浸ったりしたいと思います。

ジーンズ最高!!!

 

Sponsords Link



コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA