世界遺産登録間近! 長崎県五島列島にある無人島 野崎島へ行ってきた 後編

世界遺産登録間近! 長崎県五島列島にある無人島 野崎島へ行ってきた 後編

前回から引き続き、野崎島の写真をお送りしていきたいと思います。

世界遺産登録間近! 長崎県五島列島にある無人島 野崎島へ行ってきた 前編

 

pb037374 pb037386

島の西にある野首港。

 

pb037384

公衆トイレの前には不細工な鹿のオブジェが。

 

pb037388

野崎ダム。

 

pb037390

この細い川にかかる短い石橋が、集落の跡を思わせます。

 

pb037391 pb037392 pb037403 pb037405

島には不思議なぐらい酒瓶がいっぱい散乱していました。この酒瓶なんかは木の根に飲み込まれています。

他にも陶器の破片や貝殻がよく落ちていました。

 

pb037331

こちらは宿泊室、トイレ、浴室、炊事棟等が完備された簡易宿泊施設である野崎島自然学塾村です。

小・中学校の木造校舎を再利用して作られており、ここを日帰りで利用するには来島の前に小値賀港ターミナル内のおぢかアイランドツーリズムカウンターにて利用料1,000円を支払う必要があります。

 

pb037336

入口の前には鹿の骨が…

 

pb037333

宿泊施設はこんな感じ。

 

pb037334

この部屋を休憩など自由に使うことが出来ます。

 

pb037335

ここで博多で買ったおにぎりを昼食として食べました。

ずっと屋外で歩きっぱなしだったので、靴を脱いで畳の上でゆっくり休憩できるのはありがたいですね。ケータイもずっと圏外だったんですがここなら無料Wi-Fiがあるのでとても便利でした。種類も少ないですが自動販売機も有りました。

 

pb037339

学校の運動場だった場所。

 

pb037407

野崎港方面へ戻ります。

 

pb037415 pb037419 pb037422 pb037426

北崎展望所。

 

pb037429

野崎火山火口跡を望むことが出来ます。

 

pb037435

段々畑。

 

pb037453

この赤土の大地と独特な木々の形はまるでサバンナ!

 

pb037437

そう、野崎島の東側には通称「野崎のサバンナ」というまるでアフリカのサバンナを思わせるワイルドな景色が一面に広がっています。日本とは思えないですね。

昔はここに畑や水田があったんでしょうか。

 

pb037442

ここにも多くのキュウシュウジカ達がいました。かなり遠くから撮影してるんですが、すでにこちらを警戒しています。さすが野生!

 

pb037445

逃げられた!

 

pb037452

鹿の糞がそこらじゅうに散らばってるんですが、多すぎて逆に気になりません。

 

pb037459

シルエット

 

pb037466

端っこには戦没者のお墓が有りました。

 


pb037464

野崎港と野首海岸と旧野首教会が見えます。

 

pb037470 pb037476 pb037480

このサバンナで一時間過ごしました。

 

pb037421

早朝に訪れた野崎集落に戻ってきました。再びここを探索していきます。

 

pb037483

石段を登りたいのに目の前に立ちふさがる獣が。…恐い。

 

pb037494

大体の鹿は人間の姿に驚いて逃げ出すんですが、大きな牡鹿なんかはこちらにガンを飛ばしてきて一歩も引きません。

「何やお前、やるならやったんぞ!」という殺気を放ってるので結構恐いです。その姿はまさに野獣。奈良公園の人に慣れきった鹿とはまるで違います。

安易に近づくのは危ないですね。

 

pb037497 pb037499 pb037501 pb037503 pb037506

入口の外から撮影。

 

pb037514

お尻。

 

pb037519

通せんぼ。

 

pb037524 pb037525 pb037529 pb037532 pb037536 pb037538 pb037543 pb037547

古いタンス。

 

pb037550

pb037580

ハンモック。この手作り感がいいなぁ。

 

pb037587

島の至る所に咲いていた鮮やかな花。

 

pb037556

港近くの恵比寿神社。こちらも崩壊しています。

 

pb037559

pb037562

pb037561

港前では多くの大工達が野崎島ビジターセンターの新築工事を行っています。これから観光に力を入れていくみたいですね。

実は早朝の便で僕らが訪れた後、10分もしないうちにこの工事関係者の人達がやってきました。島にはずっと重機の音や木槌を打つ音が響いていたので、無人島の静けさというのはあまり感じられなかったのが正直残念ですが、こればっかりはしょうがないですもんね。工事は今年の11月いっぱいまで続くようです。

 

pb037594

15時、小値賀港行きの町営船はまゆうがやって来ました。こうして無人島、野崎島での探索は終了です。

 

最後に

廃村あり、鹿あり、海あり、教会あり、サバンナありとかなり楽しめるスポットでした!

特に村がそのまま廃墟化した野崎集落と広大な野崎のサバンナは一見の価値ありです!かなり見ごたえがあります。二年前に訪れた軍艦島ツアーよりこちらの方が満足感がありました。

なかなか頻繁に行ける場所じゃないので、沖ノ島神社、王位石や旧舟森集落などのスポットに行きそびれたのが残念ではありますが、また機会があればそちらの方も探索したいと思います。

今後世界遺産登録が実現すれば人気観光地になるのは必至。観光客が増えれば現在ほど自由に散策することができなくなると思います。興味が湧いた方はぜひ今のうちに訪れるのをオススメします。

旅は小値賀島周遊サイクリング編へつづく。

長崎県五島列島 小値賀島周遊サイクリング

Sponsords Link



コメント0
CATEGORY :
TAG :

コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA