世界遺産登録間近! 長崎県五島列島にある無人島 野崎島へ行ってきた 前編

世界遺産登録間近! 長崎県五島列島にある無人島 野崎島へ行ってきた 前編

今年の夏に法事で五島列島の宇久島へ行ってきたんですが、今秋にも同じ理由で宇久島へ訪れることになり、せっかく五島列島に行くならということで、今回は長崎県五島列島小値賀島(おぢかじま)の東にある小さいな島、野崎島(のざきじま)へ行ってみることにしました。

 

pb027166

11月2日の仕事終わりに新幹線に飛び乗り新大阪から博多へ。

博多と五島列島を結ぶ定期フェリー「太古」を運行している博多ふ頭 第2ターミナルにて11時45分発のフェリーに乗り込みました。翌日の4時40分に小値賀島に到着する5時間の船旅です。

食料品についてですが、小値賀島にはコンビニもなくスーパーも早朝はまだ開店していませんし、もちろん野崎島でも手にはいらないので、この時点で翌日の朝食や昼食を用意しておく必要があります。

 

pb027169

太古は個室も充実してるんですが、今回は旅情感を味わいたかったのであえて雑魚寝のスタンダードを選びました。

シャワーを浴びて、ワンピースの最新刊を読んで過ごしました。

 

pb037172

翌日の4時40分、五島列島の小値賀島に到着。まだ真っ暗です。

 

pb037173

小値賀フェリーターミナルには早朝に到着した人達のためにこのような仮眠室が用意されています。まぁ竹の枕に慣れず一睡もできませんでしたが…

写真は男性用の仮眠室で、女性用の部屋はちゃんと別に用意されています。

6時半、小値賀港ターミナル内にあるおぢかアイランドツーリズムカウンターで予約していた名前を告げ、野崎島へ渡航する案内を受けます。リュックサックがパンパンだったので、必要のない荷物を別の袋にまとめて預かってもらいました。

 

pb037176

小値賀島での美しいご来光です。いい旅になりそう!

 

pb037183

7時25分、町営船はまゆうに乗り野崎島を目指します。

 

pb037198

フェリーの上から眺める野崎島。真ん中に小さく写っているのが、沖の神島神社社殿と、古来より王位石(おえいし)と呼ばれている巨石です。

自然の産物か、人の手によるものかは現在も不明で、多数の伝説が残されているそうです。旧野首教会と並ぶ野崎島のシンボル的存在です。

ここへ辿り着くには、現地スタッフ同行で険しい山道を片道2時間かけて歩かないといけないらしく、僕は今回はパスしたんですが今思えばせっかくなんで行っとけば良かったかなぁ…。

 

pb037220

8時、ついに野崎島へ到着しました。早朝の便で一緒に降り立ったのは僕を含めて7人程でした。

島の管理人さんから簡単な説明を受けます。野崎島で宿泊も出来ますが、僕は15時の便で小値賀島に戻りそこで宿泊するので、14時50分に再びこの港の前に戻るよう支持を受けました。

あとこの日100kg超えの大猪が出没したらしく、一人で山の中には入らないことという注意を受けました。恐ろしや…

 

pb037211

早速鹿を発見!

 

pb037214

家屋の跡の中にも鹿が。廃墟好きにはたまらないシチュエーションです!

 

pb037217

野崎島は昔は650人以上が暮らしていたそうですが、1990年代にはすべての住人が離島して無人島になってしまったとか。現在は島の唯一の宿泊施設である野崎島自然学塾村の管理人さんが一人住んでいるので、厳密に言えば無人島ではないです。

 

pb037222

当時の島の暮らしを感じさせる石段。この写真の中にも鹿が写ってますよ。

人の暮らしがなくなってしまった現在の島には、野生のキュウシュウジカ400頭以上が生息しているそうです。

 

pb037225 pb037226 pb037232

港のすぐ近くにある神社。

 

pb037233

鳥居をくぐり石段を登ると、そこにあるはずの社殿は崩壊していました。

 

pb037234

pb037241

ヒョコッと鹿の頭。

 

pb037242

伸びに伸びまくった木樹達。

 

pb037243 pb037244

廃屋の中には入らず入口から中を撮影。

 

pb037257

石垣の奥には立派な家があったんだろうなぁ。

 

pb037252

ブロック。

 

pb037261

穴の空いた鍋。

 

pb037260 pb037262 pb037265

野崎小中学校の教員住宅跡。

 

pb037269

ここも入口から中を撮影。布団が残ったままです。

 

pb037271 pb037272 pb037273

朽ちた畳や木片、壁や天井や床に蔓延る植物。…最高。

 

pb037274 pb037275 pb037280 pb037282 pb037284 pb037285焼却炉。


pb037290 pb037292コバルトブルーの海面が美しい。


pb037300野首海岸です。



pb037307

海岸に降りてみました。


pb037314

美しいビーチを独り占め。

 

pb037320

おそらく猪捕獲用の檻。

 

pb037322

おっ! 教会が見えてきました。

 

pb037323

小高い丘の上に残るレンガ建築の小さな教会、旧野首教会です。

 

pb037342 pb037326 pb037328

小さいけどとてもりっぱな教会です。

 

pb037330

五島列島は隠れキリシタンが建てた教会群が有名で、この旧野首教会を含めた「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、現在ユネスコの世界文化遺産の登録候補として暫定リストへ掲載されており、世界遺産登録間近と言われています。

 

 

pb037350

普段は施錠してるそうですが、来島の予約をしているとこうして内部を見学することが出来ます。

 

pb037351 pb037355

ステンドグラスから差し込む光が美しい。

 

pb037363pb037368

無人島の高台にポツンと佇む教会はとてもロマンを感じました。

後半へ続く。

世界遺産登録間近! 長崎県五島列島にある無人島 野崎島へ行ってきた 後編

Sponsords Link



コメント0
CATEGORY :
TAG :

コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA