レザーショルダーバッグ製作記 その4 〜ニートフットオイルでオイルアップ〜

レザーショルダーバッグ製作記 その4 〜ニートフットオイルでオイルアップ〜

革製品を末永く愛用していく上で大切なのが、クリームやオイルなどを使って革に栄養やハリツヤを与える等のメンテナンスです。僕も日頃からブーツやベルト、財布等の革製品に定期的なメンテナンスを行っています。

現在、まだレザーショルダーバッグは製作中なんですが、「は、早くこいつに栄養を与えてやりたい!」とはやる気持ちを抑えられず完成前に施行することにしました。

まぁ完成した後よりも、まだ幾つかのパーツが分かれている今の方が塗りやすいってのもあります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕が革のメンテナンスでよく使っている大正義、アニリンカーフクリームちゃんでも良かったんですが、今回はレザークラフトの仕上げによく使われているというニートフットオイルを使ってみることにしました。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文字通り牛の脚から抽出されたオイルです。タンニン鞣し革の保革と仕上げに適していて、革の油分を補い柔軟性を保ってくれます。またこのオイルを塗ってから日焼けさせると、より深みのある濃い色に変化していくそうです。

革をまるまる使わせて貰うだけじゃなく、そのメンテナンスにも脚の油まで使わせて貰うなんて、ほんま牛さんさまさまやでぇ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウエスにオイルを染み込ませて塗っていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

液体なのでとても塗りやすいです。塗りムラが出やすいと聞いてたんですが、そもそもこの革自体色が濃いので全く分かりません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塗る前

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塗った後。写真ではほとんど違いが分かりませんね…。実際は表面にツヤが出て綺麗です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ショルダー紐にも塗り塗り。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ついでにジーンズの革パッチにも塗り塗り。ブーツなんかの他の革製品にも使えそうですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塗り終ってしばらく乾燥させた後、きれいなウエスで乾拭きして完了です。

というわけで今回は鞄の完成前にオイルを塗ってみました。こういったメンテナンスを行うことでとても愛着が湧きますね。早く完成させたいな〜。

またこのニートフットオイルが今後どのような色の深みを醸しだしてくれるのか楽しみです!
 

 

こちらの記事もどうぞ

レザーショルダーバッグ製作記 その1 〜型紙からパーツを切り出す〜

レザーショルダーバッグ製作記 その2 〜ショルダー紐・前ポケット〜

レザーショルダーバッグ製作記 その3 〜パーツを縫い合わせる〜

レザーショルダーバッグ製作記 その5 〜蓋・内ポケットを縫い付ける〜

レザーショルダーバッグ製作記 その6 〜ついに完成!〜

Sponsords Link



コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA