黒門市場の高級珈琲生豆の専門店 グリーンビーンズパーラーの紹介

黒門市場の高級珈琲生豆の専門店 グリーンビーンズパーラーの紹介

いつも飲んでるコーヒー豆

いつもコーヒー豆を買うときは、コーヒーと輸入食品のお店 KALDI(カルディ)を利用しています。

種類も豊富でスペシャルブレンド、プレミアムブレンドなど色々と試してみましたが、カルディの看板コーヒー マイルドカルディに落ち着きました。

酸味、苦味、コクのバランスが良く、値段もリーズブルなのが理由です。

 

高級コーヒー豆を探して

ずっと同じコーヒー豆を飲んでましたがそろそろ冒険してみたくなりました。

調べてみると、今外国人観光客に人気の「大阪の台所」とも呼ばれる大市場、黒門市場に生豆を販売しているお店があるようなので、仕事終わりに行ってきました。

 

DSC_0065

こちらが黒門市場の高級珈琲生豆の専門店、グリーンビーンズパーラーです。

 

DSC_0062

お店の前にはたくさんの種類の生豆が豆樽にディスプレイされています。

 

DSC_0066

お店の人にバランスの良い豆を聞いてみると、“黒門市場にふさわしい最高の飲み口、後味、全てにおいて程よく調和”と謳った人気第2位の「黒門グルメブレンド」を勧められたのでこちらを購入してみました。(写真は別の種類)

豆の注文は最低300gからで基本的に焙煎後に挽いてくれますが、もちろん生豆のままでも購入できますし焙煎後に挽かずに豆のまま受け取ることも可能です。

あと購入するとコーヒーフレッシュかコーヒーフィルターのどちらかをサービスとして貰えるのが地味に嬉しい。

 

DSC_0063

購入後、こちらの機械で生豆を高速熱風焙煎します。

 

DSC_0064

焙煎には10〜20分程度時間がかかるので、その間に市場を散策するのも面白いですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1Lの瓶に収まりのいい量。

焙煎すると生豆の水分が蒸発して約15〜20%目減りするようです。

 

味わう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早速挽いて飲んでみました。

最初に飲んだ時は、いつも飲んでたコーヒーより強いクセを感じて味も濃いなぁというイマイチな印象だったんですが、それはただ今まで飲んでたコーヒーに慣れすぎていただけのようです。

今ではこのコクと香りのバランスが逸品でとても美味しく感じます。休日には5杯は飲んでます。

 

最後に

やはりお値段も普段飲んでたものより高いですがその分の価値は感じました。焙煎したての豆で飲めるのも嬉しいですよね。

グリーンビーンズパーラーは今回飲んだ黒門グルメブレンド以外にも種類が豊富なので、また他のコーヒー豆も買ってみたいと思います。

 
グリーンビーンズパーラー (GREENBEANSPARLOR) – 日本橋/コーヒー専門店 [食べログ]

Sponsords Link



コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA