あの撒き餌レンズがリニューアル! Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM 発売

あの撒き餌レンズがリニューアル! Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM 発売

CANONユーザーの方なら一度は手にしたことがあろう悪名高い(いい意味で)撒き餌レンズ EF50mm F1.8 II。

多くのユーザーたちをレンズ沼に引きずり込んだあいつがこの度、約25年ぶりにリニューアルするそうです!

 

そもそも撒き餌レンズ EF50mm F1.8 II とは?

Exif_JPEG_PICTURECANON製でF値1.8という明るい単焦点レンズです。
見た目は安っぽくてチープ、お世辞にも格好良いとはいえません。AFも合いづらくジーコジーコと音がなります。しかしこのレンズの一番すごいところが約9,000円程度で購入できるというその驚きの価格です。とにかくコスパがすごいのです。

一から一眼レフを始めた人にとってとても手を出しやすく、F値1.8というキットレンズを圧倒する明るさのおかげで誰でも簡単に背景を上手くボカした写真を撮る事ができます。

「この安いレンズでこんなにすごい写真が撮れるのか」

「じゃ、じゃあもっと高いレンズだと更にすごい写真が撮れるんじゃ…」

気付けば手元にはたくさんのレンズが(うわぁぁぁー!!!)

そう、これがレンズ沼にはまると言うこと、そして撒き餌レンズと呼ばれる理由なのです。
僕?もちろんレンズ沼に頭まで浸かってる犠牲者の一人ですよ(笑)

作例としていくつか写真を
IMG_2020チワワ可愛い。

 

IMG_2207自転車にはまってた頃。

 

IMG_0877紅葉と玉ボケ。

 

IMG_2031_2どれも背景がボケたことによって主役の被写体が際立ってますよね。

 

EF50mm F1.8 STM は何が違うのか

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

デザイン性アップ

外装に施した質感のある梨地塗装のほか、マウント部が金属になったおかげでデザイン性、高級感がアップ。EF50mm F1.8 IIのおもちゃようなチープさは微塵も感じません。重量は少し増えましたが全長は若干短縮されました。

ステッピングモーター(STM)を採用

DCモーターからSTMに変わったことで、AFが静かでスムーズになります。EF50mm F1.8 IIの「ジーコ、ジーコ」といううるさい音がなくなります。

最大撮影倍率が0.15倍から0.21倍にアップ

僕がEF50mm F1.8 IIを使ってて一番悩ましかったのがあまり寄れないということ。
しかし0.21倍にアップということでレンズ面から約26.7cmまで、つまりEF50mm F1.8 IIより約10cmも近づけるようになります。これは嬉しい!

絞り羽根枚数が5枚から7枚に

EF50mm F1.8 IIで玉ボケを撮ると若干五角形ぽくなるんですが、羽根が増えたことでボケが自然で丸になります。

お値段大幅アップ

EF50mm F1.8 IIは約9,000円程度ですが、EF50mm F1.8 STMは約16,000円〜17,000円程度です。流石にこれはしょうがありません。

 

最後に

全てにおいてパワーアップしたEF50mm F1.8 STMですが、従来モデルのEF50mm F1.8 IIは販売終了するそうです。マジか…10,000円をきるレンズとしてまだまだ需要はあるように感じるけどなぁ。

「撒き餌」「レンズ沼」と呼ばれ続けたEF50mm F1.8 IIですが、実際はこのレンズのおかげでF値の重要性や写真の楽しさ、深さを学ぶことが出来たのです。どれだけのキャノンユーザーがこいつにお世話になったことか。25年間お疲れ様!!!

実はEF50mm F1.8 IIは紛失して手元になく、再購入しようと何度かAmazonのカートに入れるところまではいったんですが、似たような画角の単焦点を買い足した今、あまり使わないだろうと慎重になっていました。しかしEF50mm F1.8 STMはすでにAmazonで予約注文済みです。5月21日販売で当日に届くかどうかはわかりませんが、手元に届いたらまずこう言うんだ…

おかえり

ってね///

 

 

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Sponsords Link



コメントする(承認後に表示されます)

*

CAPTCHA